世界の動きを見つめるFXって面白い

為替レートの動きは、
輸出と輸入に大きく影響していきますよね。

円安が進むと輸出で成り立っている企業は、
大きな利益を確保できます。

世界に誇る日本の自動車産業は、
円安で大きく潤うのです。

でも多くを輸入に頼っているのが日本で、
円安でのガソリンなどの価格高騰で生活は圧迫されるのです。

世界経済は、マネーの動きで成り立ってきているので、
いずれは円高に向かう時期がきます。

FXやるってお金が商品となっている
マネー経済の動きが見えて来ないとできないのです。

そう考えていくと世界の動きと向き合っていないと
利益が生まれないFXって面白いですよね。

さらに少ない資金から始められて、
申し込みはネット経由ですからスタートが簡単なのです。

通貨ペアーで最も人気があるのは?

世界中で一番多く流通しているのが
米国ドルであることは言うまでもありません。

ですから通貨への投資である
FXで一番人気のあるのは当然ですよね。

そしてFXをやるには、
日本円や米国ドルが一番通貨レートの
動きへの情報が多く入るので、

日本円と米国ドルのFX通貨ペアーが
最も人気が高いのです。

FX会社としても取扱い高が
多い分だけコストを安く抑えられるのです。

コストとはスプレッドのことで、
通貨の売値と買値との差ですから
各FX会社ではスプレッドが少なめでも
取引高でカバーできるのです。

でも多くの人が、
通貨ペアーとして売買をしていくので、
政府の重大な金融策などが発表されると
一気に上がったりする可能性もあるのです。

学生でもFX

学生でもFXをすることが可能です。
うまく行けば学費ぐらいは簡単に
稼げるのがFXの魅力ですが、

ただFXで損失を出した時は思いっきり
痛手を負うことになってしまうので、
自分で働いて儲けたお金だけで取引をするようにしましょう。

間違っても学費に手を出して、
学費が払えなくなり退学に追い込まれた
というような事態を招かない注意が必要です。

どんなに上手にFXでの取引をしていても、
失敗する時は失敗します。

ある程度利益を儲けることができたのであれば
しっかりと、利益分だけを大事にしてFXから足を洗うことも考えましょう。

必ずうまくいく取引方法というものはありませんので、
一度止めてみるということも重要になってきます。

自分で稼いだお金で、
自分の自由に使えるお金を
FXでの投資に使って成功しても失敗しても、
それは誰にも迷惑をかけないことになりますが、
他人のお金や家のお金に手を出して失敗した時には、
大迷惑を被ることになりますので十分に注意してFXと向き合いましょう。

信条を持った取引を

FXで相場と向き合う時は
自分なりの信条を持って
FXに取り組んでいきましょう。

FXはチームプレーではなくて
個人の力量によって取引をして
勝ったり負けたりする投資となります。

ここで大事なのが自分の信条を持って
取引をしているかどうかということが
重要になってきます。

自分の思惑どうりに動いている時は、
人の意見をどんどん取り入れて
取引をしていてもいいのですが、
思惑どうりに言っていない時
大事になるのが自分なりの信条となります。

この信条がしっかりとしたものでないと、
すぐに人の意見に押されて負けていってしまいます。

損をしようとFXをしている人は一人もいないですから、
皆自分の信条どうりに行くことを心から願っています。

しかし、どうしてもマイナスのポジションを持っている時に、
自分の信条以外の気持ちが働いてきて、
どうしても当初の予定とは違う行動をしてしまいがちです。

そんな時こそ初心を忘れず、
信条を持ってFXに取り組んでいきましょう。

米国金融緩和政策縮小先送り

米国連邦公開市場委員会(FOMC)での会合で
米国金融緩和政策の縮小が先送りされました。
この結果を受けてドルは一時的に売られることになりました。

他 国通貨は金融緩和が続くということで引続き買われることになりました。
日本円については、リスク選好で売られました。
その結果、日本円は他国通貨より下落する結果になり円安トレンドになりました。

今回のFOMCでの量的緩和の縮小先送りは
全ての連銀の総裁が賛成票を投じているわけではなく、
一部の反対票がありましたが過半数の連銀総裁が賛成に投じたことによって、
金融政策の縮小が先送りされることになりました。

市場は金融政策緩和縮小をだいぶ織り込んでいたこともあって、
一時期混乱されましたが、緩和縮小実施の時期が遠のいたことを受けて
株式市場としては追い風になります。

米国の量的緩和政策が続けられるということは、
景気好調に向けた手綱が重視されたということでありますので、
景気回復が続くということは間違いありません。

縮小策が早急に緩和されないという事は
市場に多くの金がまだ出回りつづけることになりますので、
リスクが低くなるということになります。

リスクが低くなっている中ですので、
円安トレンドが大きく変わることはなく、
ドル円についてもですが外国為替市場では
円売りトレンドが続いていくこと になりますので、
きっちりと円安の波に乗っていきましょう。

危ない通貨ペア

FXは2カ国の通貨を使って取引を行いますが、
取引される2カ国の通貨を通貨ペアと呼びます。

 

おそらく殆どの人は円を介して取引を行っている事と思いますが、
円を介さなくても。例えば米ドル/英ポンドと言った様に、
他の国同士で取引をする事も出来ます。

 

通貨ペアにもよりますが値動きが激しいので、
効率的に利益をあげる事が出来ます。
ただし、初心者の場合は控えておいた方が身の為です。

 

下手をすればシャレにならない事態にもなりかねないので、
慣れない内は円を介した取引を行う様にしましょう。

 

その方が確実です。幾ら利益が出るとは言え
目先の儲けに目が眩むと、本当にロクな事がありませんよ。

 

尚取引出来る通貨ペアはFX会社によって違うので、
一度問い合わせを。

日銀金融緩和政策

本日午後から行われた、
日銀金融緩和政策で新たな政策は出ず、
今のままの金融緩和政策を継続すると
発表になりましたね。

これを受けて午後から株式市場も
ガッカリムードで200円近く下がりました。

為替も一時97円台になりましたが、
その後98円台前半で推移しています。

ただし日本の景気判断は上向きということですが、
これは円安による効果で日常生活とは無縁のような気がしますが。。

本当に景気は回復しているんでしょうか。

金融面だけでなく本当の姿で、
為替も動いてくるのではないかと
思ってしまいます。

株式市場も金融緩和政策で上昇していたわけですが、
ここのところは実際の今後の会社の利益などの
動きで売買されていきそうです。
業績相場へ移行出来るかですね!

さてさて外国為替市場はどんな動きを、
これから見せてくれるのか?

米ドル日本円の関係はどうなるんでしょう。

ここから経済問題の勉強が
生きてくるのではないのでしょうかね。

世界経済は刻々と変わっていってます。
まさにその動きが為替市場に流れ込んでいくんです。
FX投資はますます面白味が出てきますよ。

ニュースを読もう!

FXで重要なことの一つに
ニュースを読むということがあります。

ニュースは新聞で手に入れてもいいですし、
雑誌なんかで手に入れてもいいでしょう。
テレビでやっているニュースを見てみてもいいでしょう。

ニュースを見ていたり呼んだりしていないと
世間に取り残されて、自分のしている取引が
あっているのかどうかわからなくなってきます。

自分の手に入れたニュースは自分の取引に
しっかりと反映していきましょう。

しっかりと反映していくことで、
FXでの取引の勝率が上がっていきます。

勝率が上がってくるということで
利益が膨らんでいくものです。

ニュースの中にはFXには関係の無いような
話題もあったりしますが、関係の無いものと
思えるものでも実はしっかりとFXに
関係していたりするものがあります。

どこかで凶悪事件が起きたということがあれば、
リスク回避が少しでも働いていくことになりますので、
どんな些細なニュースでもFXに関係しているのでは
どうかと考えながら吸収していきましょう。

また一段とFXが楽しくなると思いますよ。

投資の楽しみとは

6月になりました。
今年も半期が来ましたね。

今月は株主総会も多く開かれます。
最近の株主総会は変わってきました。

いままでは簡単に数名の質問者が質問して、
そく議決で終了というなんともつまらないものでしたが。。

企業の問題もたくさんありましたから、
株主総会も長時間にわたって
質疑応答が行われています。

外国企業では当たり前の光景なんですよね。

今年はどうなんだろうか、
このところの円安傾向で
輸出関連企業は好調のようですからね!

でもこんな円安効果で利益を出してもね。。
逆に輸入関連企業は苦しんでいますね。
日本は食料や原料燃料は輸入に頼っていますもの。

考えてみれば為替も影響って大きいものですね。
最近はバブルの前兆か?などと騒がれていて、
投資をする人が急増しています。

今まで預金にしていた人が、
投資に流れているそうです。

特に若い世代の人が増えているそうです。
若い世代の人はゲーム感覚で投資をして、
儲かったら貯蓄していくとか。。
まだまだ将来が不安なんですよ。。

なんか本来の投資の楽しみとは違うのかな?
まあいずれにせよ投資に興味を持つことは
良いことですね。

しかしその先端を行くのがFX投資でしょう。

FXのビギナーズラック

「ビギナーズラック」は、
ギャンブルの世界で良く言われていて、
私も最初に馬券を買ったときは、当たりました。

でも、それで気を良くして
買ってみたのですが、連敗続きでした。

そして最近始めたFXですが、
一向に勝てません。

でも友達は違っていて、
FXをやり始めてすぐに勝てたのです。
「FXビギナーズラックだね」とほめて上げたのでした。

ビギナーズラックとは、
初心者はあまり欲を出さないので
「無心だから勝てる」というのが法則です。

それで、FX初心者の友達が勝てたのは、
本当にビギナーズラックと呼んでいいのも知れません。

でも問題は勘違いして、
FXに自信を持ってしまって、
「自分はFXに向いている」なんて思ったら大変ですよね。

友達は偶然勝てただけと思っていた方が良いのです。

FXで楽しみましょうね。

物凄く急ピッチに円安が進みましたが、
やはり101円台に調整していますね。

もちろんこれが調整で、
さらに円安が進むのかはわかりませんけどね。

日本のTPP交渉もいよいよ始まりますよ。
まだまだ初期段階でこれからどうなるのか、
農業分野や保険などは除外出来るのかといった問題もありますから。。

これも日本経済に及ぼす影響もすごく大きいものですよね。
本当に毎日いろいろなニュースが飛び込んできますね。
まさに激動の時代なんでしょうかね。

激動の時期に入ると、世界経済も大きく動きます。

それは結局、為替市場にも影響してくるんですね!
そこのは大きな資本も参入してきますが、
FXは個人の力がビックリするくらい大きいんですよ。

なんかとても面白い気がしませんか。

そんなことを考えると、FXでとても楽しむことが出来そうですね!

今や株式投資は1/1000秒単位で取引をすることが出来るそうです。
もちろん大資本の企業の参入の方法なんですが。。
今までの常識は通用しなくなる時代なんですね。

その点でも個人の考えに従って少額でも、
儲けられるFXは魅力ありますよ。
経済の話をしながら、FXで楽しみましょうね。